お肌は私たちが思っている以上に外部から刺激を受けています。

その上、体調やストレスなどがお肌の調子を狂わせてしまいます。特に敏感肌の方は正しいスキンケアでお肌を守らなくてはいけません。

 

そもそも「敏感肌」とは、どんな状態を指すのでしょうか。
医学的には「敏感肌」という病名はなく、色々な皮膚トラブルの総称のようなものです。洗剤や化粧品を使った時に肌があれたり、赤みがでたり、衣類と皮膚とのこすれだけでもピリピリしたり、髪の毛が顔の敏感な部分に触っただけで吹き出物ができてしまったりという、普通の人より反応しやす肌を敏感肌と呼んだりします。

 

最近では精神的なストレスや食生活の乱れ、住環境の変化などから肌が敏感になってしまう人が増えています。

《最新版》ニキビケアおすすめランキング※ニキビを治す方法を徹底解説

敏感肌になる原因

肌が敏感になってしまうのには様々な原因がありますが、加齢によって皮膚の抵抗力、防護力も衰えてゆきます。

 

また、花粉やその他のアレルギーが原因の場合もあります。アレルギーで鼻がグズグズしていても実は全身がアレルギー状態だということです。当然肌にもその影響は出てきます。

 

乾燥肌の人も敏感肌になりやすいです。乾燥肌の状態は、肌のバリア機能がうまく機能していませんから、外部からの刺激をまともに受けてしまいます。そのためいつもの化粧水が刺激物となってしまったり、髪が触れただでかゆくなったりします。

 

また、間違ったスキンケアで敏感肌になることもあります。肌にあわない化粧品の使用や、シャンプーのすすぎ不足で髪にシャンプー剤が残っていてその髪が肌に触れて過敏肌になることもあります。

 

不規則な生活や食生活の乱れも、肌の抵抗力を低下させ、肌を敏感な状態にしてしまうこともあります。

 

敏感肌でも顔脱毛したいという女性もいると思いますが、 脱毛サロン「ディオーネ」 ならデリケートな肌質の方でもダメージを与えることなく脱毛することができます。

保湿クリームを選ぶポイント

次々と新しい化粧品が生まれ、どれも効果がありそうで、結局は希望と懐とのバランスは後者に大きく傾いてしまうのが悔しいという思いを何度もしてしまいます。

 

価格の高さは概ね効果があるという見返りで、満足を得ることができますが、お手頃価格、低価格のものでも十分、期待に応えてくれるものがあります。

 

保湿クリームの選び方は、ブランドで選ぶか、値段か、無添加頼みか、人気や口コミか、新しい物好きなのか、成分にこだわるか、などなど。

 

自分がどこまで真剣に向き合っているかにもよります。今までと少し違う視点から保湿クリームを選んでみることもいいかもしれません。